最近の薬剤師事情

o9co5rho.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:未分類( 63 )

新党改革、参院選兵庫にNPO法人理事長(産経新聞)

 新党改革は11日、参院選兵庫選挙区にNPO法人理事長、吉田愛弥(あいみ)氏(36)を公認すると発表した。

【関連記事】
菅直人新政権 みんなは敵対鮮明、新党改革は注視
平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」
みんな江田氏、民主との連立は「絶対ない」
原口総務相 「亀井氏は同志。これからも連携」
敏いとう氏、田島みわ氏とマイク対決だ
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

ザ・コーヴ 出演者が来日 「上映をお願いしたい」(毎日新聞)
南アW杯 くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
<掘り出しニュース>「瓶ビールの記憶」 戦前からの80点、ポスターなども 日光の酒店(毎日新聞)
容疑の運転手を立ち会わせ実況見分 大阪の引きずり死(産経新聞)
司法書士会、1100万円分証紙紛失=事務局長「シュレッダーに」―宮城(時事通信)
[PR]
by khntq1meef | 2010-06-16 16:24

ネットと街頭演説の連動 ツイッターは避ける(産経新聞)

 3選を目指す民主現職の簗瀬進氏(60)は平成7年3月から国会活動の週間リポートをインターネットに配信し、「ネット配信の国会議員最長不倒記録保持者」をうたう。記録は今も更新中だ。「インターネットが政治と社会を変える力を持っていると早い段階から目を付けていた」と事務所関係者も胸を張る。

 現在は子ども手当や年金など6項目ごとに約1分間の動画を、ホームページ(HP)や携帯サイトに掲載している。この中で、閲覧件数の多いテーマについては、今後の演説の中でも時間を割いていくなど、双方向での活用を見込んでいる。事務所関係者は「基本は地道な活動だが、ネットで若年層に候補者の声や顔を広めたい」と話す。

 自民新人の元県議、上野通子氏(52)は動画投稿サイトのユーチューブを活用し、HPに街頭演説などの動画を随時掲載。秘書のブログも併設し、「知名度アップと親近感を深める道具」と期待を寄せる。携帯HPの会員数も1千人を突破した。

 共産新人の小池一徳氏(49)の陣営は、現時点でHPなどは開設していないが「準備を進めている」としている。後援会関係者は「どれだけの効果があるかは未知数。まだ“ハコもの”と同じ力しかないと思っている。そうならば、直接、有権者と会う方が効果的」と話す。

 しかし、各陣営ともツイッターについては、「候補者の多忙」や「候補の行動を確認され、断った講演の時間帯に更新していたなどと指摘される恐れもある」などといった理由で利用していない。

【関連記事】
ツイッターで民主党参院議員16人のなりすまし出現
ネット解禁でも「投票に行かない」という若者のつぶやき
参院選のネット戦術 千葉「街頭演説を動画で紹介」
ネット選挙運動、参院選から解禁で最終合意
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意
「はやぶさ」帰還へ

覚醒剤所持容疑、済生会福岡病院の医師逮捕 「使うため持っていた」(産経新聞)
橋下知事「身内だけで決める仕組みおかしい」(読売新聞)
<お別れの会>青木半治さん=11日、ホテルオークラ東京(毎日新聞)
<パン>米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)
<奈良・脇本遺跡>6世紀後半の大型建物跡見つかる(毎日新聞)
[PR]
by khntq1meef | 2010-06-07 17:12

<阿久根市長>違法降格 自治労弁護団、地方公務員法違反容疑で告発へ(毎日新聞)

 阿久根市の竹原信一市長が、同市公平委員会による「違法」との判定に従わず、降格させた職員3人を元の役職に戻していない問題で、自治労県本部の弁護団が25日、判定に従うよう要請する「通知書」を竹原市長あてに郵送した。到着後1週間以内に竹原市長が態度を改めない場合、地方公務員法違反容疑で鹿児島地検に告発する方針。

 公平委は判定翌日の2月24日、地方公務員法に基づき、竹原市長に対し3人を元の役職に戻すよう指示したが、竹原市長はこれを拒否。弁護団は、今月24日で市長側の再審請求期限(3カ月以内)を過ぎたため、通知書の送付に踏み切った。地方公務員法は「指示に従わない場合、1年以下の懲役または3万円以下の罰金を科す」と規定している。

 判定書によると、竹原市長は09年4月の人事異動で10人を降格。この際、地方自治法の規定に反し、処分理由を記した「説明書」を交付しなかった。これに対し、課長補佐級に降格された元課長ら3人が同5月「正当な理由がなく不利益を被った」と市公平委に不服申し立て。竹原市長は「適材適所の人事」と反論したが、判定書は「処分の理由を記載した書面を交付しておらず違法」とした。【福岡静哉】

「競馬や競輪に…」 団地自治会の資金横領、容疑の72歳元代表理事を逮捕 (産経新聞)
身ぶりと音声で生活機器を操作―産総研が障害者支援システムを開発(医療介護CBニュース)
加藤一二三氏 控訴断念 猫の餌付け中止など受け入れ(毎日新聞)
ランチャー発射 「ヒャッホー」とガッツポーズ SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
皇太子さま、「みどりの愛護」のつどいに(時事通信)
[PR]
by khntq1meef | 2010-05-28 17:27

国宝の東西両塔、創建以来初の公開 当麻寺(産経新聞)

 国内で唯一、奈良〜平安時代の東西塔が創建当初のままそろって現存する当麻寺(たいまでら)(奈良県葛城市)で、両塔(国宝)の内部が、平城遷都1300年を記念して初めて一般公開されるのに先立ち、19日、特別法要が営まれ、参列者向けに開扉された。一般公開は20日から6月20日まで。

[フォト]国宝飛雲閣の公開始まる 西本願寺

 東塔は奈良時代後期、西塔は平安時代前期の建立とされる。ともに三重塔ながら、やや細身の東塔に対し、西塔は横幅があり、デザインは異なる。1180(治承4)年の平氏による南都焼討や明治時代の廃仏(はいぶつ)毀釈(きしゃく)を逃れ、修復を重ねて残ってきた。

 両塔内にはこれまで、清掃などで寺関係者が入るほかは一般に公開されたことはなかったという。1300年祭を主催する記念事業協会の打診を受けて公開に踏み切った。

 公開では、両塔の扉を開き、内部に安置された仏像や塔の心柱などを外からうかがうことができる。

【関連記事】
東大寺法華堂 仏像群16体の林立見納め
最古の刺繍、西陣織で再現 聖徳太子ゆかり中宮寺
長谷川等伯の心を映し出す本法寺
四季折々“表情”変える雄姿 甲信越紀行 松本城
国の文化財「仕分け」する難しさ
中国が優等生路線に?

YOU THE ROCK★に実刑判決 大麻所持事件(産経新聞)
あおぞら元行員、インサイダーさらに2銘柄(読売新聞)
高速新料金、6月実施先送りへ 審議入りのめど立たず(産経新聞)
文化住宅火災で15世帯避難 未明の大阪・岸和田(産経新聞)
<JR不採用問題>原告904人 解決案承諾書を提出(毎日新聞)
[PR]
by khntq1meef | 2010-05-20 05:33

高松塚古墳 「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)

 奈良県明日香村の高松塚古墳(7世紀末〜8世紀初め)の「飛鳥美人」など国宝壁画が8日、村内の修理施設で一般公開された。16日まで。

 一般公開は08年から年2回行われ、今回で5回目。見学者は修理のため部屋に保管されている壁画をガラス窓越しに眺めた。また、文化庁の検討会が3月に取りまとめた壁画の劣化原因について、担当者が説明した。

 家族で見学に来た京都府木津川市の会社員、加地広明さん(44)は「1300年ほど前の壁画の色彩が残っていることに驚いた。特に飛鳥美人の壁画が印象的」と話した。

【関連ニュース】
鴻臚館跡事務所火災:連続放火の疑い 付近で5件の不審火
平城宮跡:1300人の天平行列 色鮮やかな衣装まとい
織田信長:邸宅跡地で蒸し風呂の遺構見つかる 客を歓待?
平城遷都1300年祭:せんとくんも本番 主会場オープン
大極殿:平城宮跡に復元 皇太子さま出席し式典

女優の原田美枝子さんが接触事故 東京・杉並の都道交差点で(産経新聞)
<高松塚古墳>「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
口蹄疫対策 宮崎県知事「政府は後手後手」 支援拡充を要望(産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
どんたく見物の女児盗撮狙う、34歳男を逮捕(読売新聞)
[PR]
by khntq1meef | 2010-05-12 21:29

「密閉不十分で燃料漏れ引火」ベトナム機エンジン火災で運輸安全委(産経新聞)

 平成20年7月、成田空港に着陸したベトナム航空ボーイング777−200型機がエンジン火災を起こしたトラブルの原因について、国土交通省運輸安全委員会は23日、燃料ホース接合部の密閉が不十分で、燃料がエンジン内部に漏れ出して引火したとする調査報告書をまとめた。

 燃料ホースとエンジンの接合部には、密閉性を高めるためにゴム製のリングを取り付けるが、トラブルを起こした機では、ボーイング社の推奨品より内径が1.6ミリ小さいリングを使用。ホース内部でゆるんだリングが、金属製の接合部に挟み込まれて破損した可能性が高いという。リングは火災の約3週間前に交換したばかりで、整備作業中に破損した可能性もある。

 ほかの航空機でも小さいリングを使用して燃料漏れを起こすケースが報告されており、ボーイング社は10年3月から、部品カタログで小径リングの使用を禁止している。

 トラブルは20年7月30日午前7時40分ごろ発生。成田空港の誘導路を走行中に右主翼下部のエンジンから煙が出たが、乗員乗客277人にけがはなかった。

【関連記事】
仙谷と前原がポスト鳩山で意見交換? ベトナムで接触
日本に担当者派遣へ ODA汚職でベトナム
メコン下流諸国の経済、根幹から崩壊 米研究機関が中国ダムの影響を警告
日産、ベトナムで攻勢 初の現地生産車投入
ベトナム原発建設のトップセールス 首相に親書
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

舛添氏、23日に新党旗揚げ=22日離党届(時事通信)
舛添氏「参院で発言力を持てる数字目指す」(産経新聞)
<自殺>思春期までに親自殺なら率は3倍 スウェーデン調査(毎日新聞)
「日程管理が不十分」原因=3閣僚の予算委遅刻−政府答弁書(時事通信)
蛇笏賞に真鍋呉夫氏(時事通信)
[PR]
by khntq1meef | 2010-04-26 19:07

「私もぼやぼやしていられない」と自民・谷垣総裁(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は17日、名古屋市の党会合で、党内の反執行部の動きに触れ、「『谷垣さんじゃ選挙を戦えない』と言われる。私もぼやぼやしていられない。必ず求心力をつくっていく」と述べた。

 また、「雇用を生み出す企業が伸びていくために法人税を安くすることも考えないといけない」と述べ、法人税率引き下げを参院選のマニフェスト(政権公約)に盛り込む考えを表明。その上で「借金の多い財政事情で法人税を引き下げるには、消費税を考えざるを得なくなる」と、消費税率引き上げが必要だとの考えを重ねて示した。

【関連記事】
舛添・東国原会談、新党触れず 「オオカミ中年」党内から批判
舛添氏が東国原氏と会談、「地方分権」一致も連携は慎重 自民から批判高まる
与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も
21日に党首討論 民・自が合意
自民、衆参ダブル選に警戒 支部長選任急ぐ

【高速道路新料金】 身内からも異論「四国だけなぜ高い」(レスポンス)
子宮頸がんワクチン 国の費用負担求める声(産経新聞)
<嘉麻市長選>松岡氏が再選 福岡(毎日新聞)
<はやぶさ>6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え(毎日新聞)
佐渡で産卵のトキ 抱卵を中断(産経新聞)
[PR]
by khntq1meef | 2010-04-22 14:44

田辺三菱製薬を業務停止=子会社の試験データ改ざん問題−厚労省(時事通信)

 田辺三菱製薬(大阪市)の子会社バイファ(北海道千歳市)が血液製剤の承認申請に必要な試験データを改ざんした問題で、厚生労働省は13日、薬事法に基づき田辺三菱に25日間の一部業務停止を命じた。
 業務停止は17日からで、対象となるのは第1種医薬品の製造販売。販売済み医薬品の安全管理や、代替性のない一部製品の供給は対象外。バ社も14日から30日間の業務停止処分とした。 

【関連ニュース】
小糸工業が役員処分=航空機座席の耐火試験ねつ造で
債務超過状態で購入勧誘=帳簿改ざん、運転資金に充当
A380型機受け取り遅延=小糸工業問題で
航空機座席の検査記録ねつ造=世界32社で使用
遺伝子型で製剤投与立証=カルテない女性和解、肝炎訴訟

【外国人参政権 欧米の実相】(4)「明日に架ける橋」の皮肉(産経新聞)
<エレベーター>11人閉じ込められる 大江戸線・森下駅(毎日新聞)
数千枚に1枚、マラドーナのカード盗んだ疑い(読売新聞)
りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)
堺事件容疑者「泣かれイライラした」(産経新聞)
[PR]
by khntq1meef | 2010-04-20 06:40

駐車場事故 4歳はねられ死亡 小さな姿気づかず 埼玉(毎日新聞)

 埼玉県三郷市のホームセンター駐車場で11日夕、幼稚園児が買い物客の車にはねられ死亡した。毎日新聞の集計によると、全国の商業・レジャー施設の駐車場で交通事故に遭い死亡した10歳以下の子どもは、2000年からこれで13人目。こうした施設の駐車場は道路交通法の規制の対象外であるうえ、駐車している車で小さな子どもの姿が見えにくくなっているのが現状だ。

 11日午後4時40分ごろ、埼玉県三郷市彦野2のホームセンター「スーパービバホーム」の駐車場で、東京都足立区梅田7、会社員、荒井和也さん(43)の次女笑佳(えみか)ちゃん(4)が東京都葛飾区東金町4、アルバイト、新井義行容疑者(38)の乗用車にはねられ、病院に運ばれた。県警吉川署は新井容疑者を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕し、その後笑佳ちゃんが死亡したため、同致死容疑に切り替えて調べる。

 吉川署によると、新井容疑者は駐車場内を約20キロで走行していたが、歩いていた笑佳ちゃんに気づかなかったとみられる。当時駐車場は満車状態で、新井容疑者は「前の車に気を取られていた」と供述しているという。

 笑佳ちゃんは両親と兄と姉の家族5人で買い物に来ていた。父親らは最初の買い物を終え荷物を車に運び込んでおり、笑佳ちゃんは先に別の店に向かっていたという。【平川昌範】

 ◇私有地、法適用なく

 毎日新聞の集計によると、過去10年で子どもの交通死亡事故が発生した商業・レジャー施設の内訳は▽郊外型大型スーパー4件▽コンビニエンスストア2件▽家電量販店、動物園、遊園地、博物館、公園、レンタルビデオ店、海岸近くの公営駐車場が各1件。

 こうした駐車場は多くが私有地で、「車両前後での横断禁止」を定める道交法の適用を受けず、安全対策は管理者に一任されている。速度制限を設けたり警備員を置いている所もあるが、段差を付けた歩道を設置するなどの対策を講じている駐車場は少なく、車列の間を小さな子供が歩いているのが現状だ。埼玉県警幹部は「背が低いため車から見えにくく、車がスピードを出していなくても大けがにつながる」と指摘している。【町田結子】

【関連ニュース】
交通事故:中学生4人はねられ軽傷 大阪・熊取
交通事故:車がバスに追突、乗客ら13人けが 相模原
飲酒運転:取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間
電動車椅子:オートバイに追突され男性死亡 大阪
都営バス:左折の際にはねた男性死亡…容疑の運転手逮捕

元朝青龍の主治医・本田医師1億所得隠し指摘(読売新聞)
<村上春樹さん>小説「1Q84」が304万部(毎日新聞)
上野公園で花見客財布盗み殴る=容疑でJR東車掌逮捕−警視庁(時事通信)
<日本航空>整備士が無届け修理 03年の整備記録ない機体(毎日新聞)
核密約の虚偽説明を陳謝=外相、横須賀市を訪問(時事通信)
[PR]
by khntq1meef | 2010-04-13 14:10

<シー・シェパード>船長を捕鯨妨害で起訴 東京地検(毎日新聞)

 反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」メンバーが日本の調査捕鯨船の監視船に侵入したとして逮捕された事件で、東京地検は2日、抗議船「アディ・ギル号」船長だった活動家、ピーター・べスーン容疑者(44)=ニュージーランド国籍=を艦船侵入や傷害など五つの罪で起訴した。数年前から繰り返されてきたSS側の過激な妨害行為が、日本の法廷で初めて裁かれることになった。

 SS側は日本側の対応を批判している。東京地検の大鶴基成次席検事は「医師も病院もない洋上での非常に悪質で危険な行為で処罰は当然。捕鯨問題とは関係ない」と述べた。

 起訴状によると、ベスーン被告は2月11日午後11時ごろ、南極海上で氏名不詳者と共謀し、小型ボートからロケット砲に似た装置を使って酪酸入りのガラス瓶を発射。監視船「第2昭南丸」の船体で破裂させ、異臭のする酪酸を飛散させるなど業務を妨害し、男性船員(24)の顔に全治約1週間のやけどを負わせた。同月15日午前7時半ごろには水上バイクで同船に接近し、防護ネットを刃渡り19センチのナイフで破り船内に侵入したとされる。

 事件直後に赤松広隆農相が「司法手続きにのっとった形できちんと始末する」と発言したことなどから、検察内部には「政治的捜査」と批判されたり法廷が反捕鯨のPRに利用されることを懸念し、起訴に慎重な意見もあった。だが、逮捕後に国際世論の反発が高まることはなく、ある幹部は「淡々と処分を決められた」と述べた。【大場弘行、三木幸治、鈴木一生】

 ◇「弱腰」批判回避

 SSを巡っては08年、日本の調査捕鯨船に同乗していた海上保安官が、乗り込んできたSS活動家2人を拘束したものの、政府は2日後に洋上で豪政府側に引き渡し、「弱腰」と批判された。今回は官房長官が中心となって調整し、日本移送の対応をまとめた。ただし、ある海保幹部は「日本の裁判で調査捕鯨の不当性を主張するために乗り込んだのは明らかで、手を出すのは相手の思うつぼだと思った」と振り返る。

 移送の間、ベスーン被告は船内で破壊活動をする恐れもあったため、「船舶に危害を及ぼす行為をしようとする者に必要な処置をできる」と定めた船員法26条に基づき、第2昭南丸船長の判断で身柄を「保護」。日本帰港後に海上保安官が逮捕する手順をとった。

 海保は今後も調査捕鯨への違法行為を取り締まることになるが、09年は安全を最優先する海保側と、調査捕鯨を最優先する捕鯨船側とで航行場所などの意見が折り合わず、海上保安官の捕鯨船同乗を見送った。今後、改めて同乗を求められる可能性がある。

【関連ニュース】
シー・シェパード:元船長起訴 侵入、傷害など五つの罪で
シー・シェパード:日本側の対応批判 元船長起訴の方針に
シー・シェパード:抗議船長を追送検…傷害容疑は否認
シー・シェパード:抗議船長を傷害容疑などで追送検へ
シー・シェパード:船長を艦船侵入罪で起訴へ 東京地検

「可愛かったので…」 杖つき腰曲げた87歳を逮捕 連れ去り未遂容疑(産経新聞)
園田氏が離党届提出 自民前幹事長代理(産経新聞)
梅田北ヤード 1期区域の造成工事始まる(毎日新聞)
日本医師会で配達の花発火=けが人なし、脅迫容疑視野に捜査−警視庁(時事通信)
若林氏失態「議院内閣制根本から覆る」菅氏(読売新聞)
[PR]
by khntq1meef | 2010-04-08 15:29
line

薬剤師関連の情報を収集してます


by khntq1meef
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite